新緑

よくあるご質問・施設案内

施設・機器案内

植物
 

お肌&治療に関するQ&A

植物
鏡を見る女性

なかなか治らない湿疹、シミや肝斑。

また、急にできたほくろなど。

 

気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください。

Q1

なかなか治らない湿疹があって困っています。

A1

難治性湿疹の原因は身の周りの金属だったり、長期間使用している化粧品であったり、多岐にわたります。また、使用している薬剤によって生じていることもあります。さらには、一見湿疹のように見えて実は悪性腫瘍であったという例もあります。なかなか治らないという場合は様々な原因がありますので、詳細な問診を行い、様々な検査を実施して診断を進めていきます。

金属にアレルギーがあり、化粧品中の微量金属にも反応していたという例もありますので、その場合は対策品のご紹介も行っております。

Q2

最近色の付いた湿疹が急に出現しました。これはほくろ?ガン?

A2

ダーモスコピー(光源付きの低反射拡大鏡)を用いて母斑細胞母斑(いわゆるほくろ)、脂漏性角化症(シミ、シワから盛り上がってくるいぼ)、悪性黒色腫などの診断を行っております。ご心配の湿疹があれば一度ぜひご相談ください。

Q3

シミが気になりますが、肝斑といわれました。

A3

肝斑に対してはスキンケア指導に加えてハイドロキノンの外用、ビタミンC・トラネキサム酸内服、サンスクリーン使用を行っております。